車の中でもご注意を!

新型コロナウィルス感染症の感染拡大に伴い手指の消毒等の為消毒用アルコールを使用する機会が増えました。スーパーなど様々な施設にスプレーやジェルが置かれていることが多くなり、
家庭にも常備している方が増えたと思いますが、このアルコール消毒液・・・
アルコール濃度が60%以上の製品は消防法に定める危険物の第4類アルコール類に該当し「消防法上の危険物」となります。消毒用アルコールは蒸発しやすく、可燃性蒸気は空気より重く低所に滞留しやすい為取扱う場合には十分な注意が必要そのです。

例えば、ポンプ式のアルコールで手指の消毒をしたあと、その近くでたばこを吸おうと
火をつけたり、料理をする為にコンロに火をつけると引火し火災の発生する恐れがあります。
火災の危険を避けるためには
★ 火気の近くで使用しない
★ 詰め替えを行なう場合は換気を行なえる場所や通風性の良い場所を選び可燃性蒸気を
滞留させないようにする
★ 直射日光が当たる場所での保管は熱せられることで可燃性蒸気が発生するので
保管場所は直射日光が当たる場所は避けましょう

 

又、車の中に消毒用アルコールを置いている方も注意が必要です!
これから暑くなる夏・・・車の中も暑くなります。炎天下の車中はダッシュボードの上で70℃以上にも温度が上がります。車内気温が上がるとアルコールが蒸発し車中に滞留。
そこでたばこに火をつけると・・・アルコールに引火し火災が発生する可能性が高くなります。
たばこを吸わなくても容器が破裂したり発火して火災が起きてしまいます。
たとえアルコール度数が低いものでも高温の元に放置すると発火するので車内に置きっぱなしにすることは避けましょう。


どうしても消毒用に携帯したいという方は車内には置かずにバックに入れて持ち運ぶようにしましょう。
携帯タイプの消毒用アルコールも一時期は手に入りにくい状態でしたが随分流通し始め価格も下がってきました。
注意点をよく確認した上で持ち運び、使用してください。
そして既にご家庭にあるものを携帯用に小さな容器へ移す場合は消毒用アルコールに対応した容器を使用しましょう。
ペットボトルや安いプラスチック容器などは溶けてしまい発火に繋がる恐れもあるので注意しましょう。

毎日全国で100人近い方々が感染している日本・・・終息と言えるまでにはまだまだ時間がかかりそうで
新しい生活様式にもまだ慣れない状況ですが密を避け、消毒をしっかりして
毎日を過ごしましょう。