法務局の遺言書の保管サービス

7月10日より、法務局で遺言書の保管サービスがはじまります。
自筆の遺言書は、書いてそのまま自宅で保管されることが多いのですが、
時が流れ紛失や亡失してしまうことが考えられます。また、一部の相続人により破棄や隠匿、
改ざんなどをされる可能性も否定できません。相続をめぐる紛争は避けたいものです。

 

そこで新たなサービスとして、公的機関の法務局で遺言書を保管する制度が創設されました。
遺言者の最終意思の実現と相続手続きの円滑化を図り、さらに相続登記の促進につなげたいわけですね。

ちなみに、料金は1件につき、3,900円の手数料のようです。この価格ならば需要はありそうですね。

HHDの不動産コンサルサービスでは、土地や建物を中心とした相続の準備などのお手伝いを致しております。ひとりひとり各家庭で事情は異なりますので、しっかりとヒアリングし、よりよい準備ができますよう努めております。まずは、お気軽にご連絡ください